病院での様々な人間関係

病院には様々な人間関係が存在します。
トップには理事長でその下に院長がいます。
ほとんどの場合理事長と院長は同一人物です。
その下に各科の医長がいてさらにその下に医師がいます。医師の下で働く看護師にも医師同様にトップダウン方式の人間関係が存在します。
総師長が看護師のトップであり、その下に病棟師長がいます。
資格があるかどうかも左右する場合が多いです。
正看護師の資格を所持している人が病棟内で発言権があり、次に准看護師が続き、1番下に資格がない看護補助が続きます。
その他の職種も看護師とほとんど同様で、薬剤師では管理薬剤師がトップで栄養士だと管理栄養士がトップです。
管理栄養士や管理薬剤師の指示で業務をこなしていく場合が多いです。

医療専門職だけでなく、他の分野の専門職も勤務しています。
一般病院であれば社会福祉士がおり、精神科だと精神保健福祉士が勤務しています。
こちらの職種にもトップがいる事は間違いないですが、福祉職は上の指示で動く事はなく独自の考えで動いている場合がほとんどです。
そのため他の医療専門職と比べると独立性の高い職種になります。
病院にもよりますが、看護師を始めとして子育てをしているスタッフがたくさん働いています。
そのようなスタッフのために保育園を設置している場合が多いです。
その場合にも他の医療専門職と同じような人間関係が存在しています。
専門職間の関係ですが、医師がトップでその下に各専門職が横並びの関係で続いています。

2018年11月
     
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
アーカイブ
最近のコメント